2004年12月19日

天皇杯 準々決勝 in サイタマ

どちらもベストメンバーからはちと遠い布陣。

なんともスローなペースで試合が始まり、
20分くらい経ってやっとエンジンが温まった感じ。

・U太ミドル(鹿児島で新しい技を覚えた)
・不動のフジ(あの場面で寄せも引きもしないのはスゲー)
・永井に軽く抜かれる前田(もちっと足早くなってクレ)
・蟹股でマッハな石川(アレ見ると何故か落ち着く)
・ケリーのシュートがバーに…
・守護神土肥

・何故かシュート打たない山田(ラッキー)

どちらもチームカラーのせいか
なんともバカ正直な勝負になるので
勝ちたい気持ちが強い方が勝ち。

浦和に負けたとか
天皇杯が終わったとか
そんな悔しさではなく、
ケリーのいる東京が終わったことがぽっかりと。


posted by りょう at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。